インタラクティブ人を殴る機械

 

Maker Faire Tokyo 2015の展示向けに制作したインタラクティブに人を殴る機械です。

ユーザーの笑顔を認識した瞬間、ハリセン付きの筐体が動きユーザーをどつきます。
その瞬間のユーザーの顔をiOSのハイスピード撮影機能を使って記録し、
スーパースローで見返して楽しむ、それだけのコンテンツです。

上記は考案時のシステム構成図。

私は主に筐体周りの制作などのサポートで参加しました。