OculusRift DK2 を Unityで 開発する環境構築メモ

unity
 
OculusRift DK2を試す機会があったので、Windowsでの環境構築方法をメモ。

 

まずは OculusRift のページで Developer 登録します。

Developer Center ページの Downloads から
Oculus Runtime for Windows をDLしてインストール。

タスクトレイのOculusアイコンからConfiguration Utilityを起動して、
OculusRiftが認識されているか確認する。

Configuration UtilityからShow Demo Sceneを実行して、
デモが動作すればOculusRiftの動作確認は終了。

 

Developer Center ページの Downloads から Unity 4 Pro Integration をDL。

OculusUnityIntegration.unitypackage を適用させたいSceneにimportする。

通常のMainCameraを削除して、

OVR/Prefabs/OVRCameraControllerをシーンに配置してBuild Settingsから
Windowsの実行ファイル.exeでビルドします。

ビルドしたファイルのTitle.exe とTitle_oculus_DirectToRift.exeというファイルが作られるので、

Title_oculus_DirectToRift.exeファイルを実行してOculusRiftに映像が出力されれば成功です。